アルコール検知器付き 顔認証検温カメラTC-AL1


令和4年10月からアルコールチェックが義務化されます!

令和4年4月から改正道路交通法が順次施行され、安全運転管理者の業務が拡充します。主には運転前後の運転者のアルコールチェックが義務化されます。


アルコール検知器義務化

1.アルコールチェックの義務化とは

運送業などの「(他社・他人の物を)運ぶこと」を業務としている「緑ナンバー」で義務化されていたアルコール検知器でのチェックについて、新たに「自社製品の配送」などの「白ナンバー」の車を一定台数以上使う事業者も対象となります。


2.新たに対象となる企業

乗車定員が11人以上の白ナンバーの自動車を1台以上、またはその他の白ナンバーの自動車を5台以上(原付を除く自動二輪者は1台を0.5台として計算)を保有する企業です。


3.義務化の内容

令和4年4月1日から、運転前後の運転者の状態を目視等で確認することにより、運転者の酒気帯びの有無を確認すること、また酒気帯びの有無について記録し、記録を1年間保存すること。令和4年10月1日からは、運転者の酒気帯びの有無の確認を、アルコール検知器を用いて行うこと、アルコール検知器を常時有効に保持することが義務化されます。


アルコール検知器付き 顔認証検温カメラTC-AL1とは

TC-AL1は、顔認証、検温、アルコール検知を同時に行うことができるため、社員(運転者等)の出勤時の体調を瞬時に判定できます。またデータはハードディスクに保存されるとともに、付属のプリンターで印刷することで、紙媒体でも記録を残すことができます。


【使いやすくて高精度なアルコール検知器】

一般的なアルコール検知器のように、管を口にくわえたり、ストローを使ったりする必要がないため、吹き口を取り換える必要がありません。呼気中アルコール濃度が基準値を超えると画面と音で通知します。測定範囲は、呼気中0~2.0mg/L(血中濃度0~4mg/ml)、感度は最小0.025mg/L(血中濃度0.05mg/ml)になります。道路交通法の酒気帯び運転の基準値となる呼気中アルコール濃度は0.15mg/Lですので、十分な感度です。

アルコール検知器付き検温カメラ

【赤外線検温カメラ】

高精度の赤外線センサーを使用した検温カメラで、顔の表面温度から体温を1秒以内に予測して表示します。(誤差±0.3℃)


【顔認証機能】

あらかじめ社員の顔写真を登録しておけば、99.99%の精度で顔認証を行い、出勤、退勤管理にも活用できます。(データは保存されます)


【付属プリンター】

付属のプリンターを使えば、日時、社員名、体温、アルコール測定値を印刷して、例えば出勤時に総務担当に提出してチェックするという使い方ができます。(データは本体にも保存されます)

付属プリンター

【さまざまなスタンドによる設置】

床や机の上、壁など設置場所に応じたスタンドをご用意しています。



■仕様

型番 TC-AL1
システムOS Android 7.0
液晶スクリーン 1280×800HD
検温機能 1.3M赤外線カメラ
検温誤差 ±0.3℃
顔認証カメラ 2.0メガRGBカメラ
顔認証登録データ 20,000件
顔認証精度 99.99%
顔認識距離 0.5~4m
アルコール検知 電気化学式センサー
検知範囲 血中濃度0mg/100ml~400mg/100ml
検知単位 1mg/100ml
感度 5mg/100ml(呼気中0.025mg/L)
作動温度 -5~50℃
作動湿度 10~90%
寸  法 373×133×85mm
重  量 3.0kg

お見積りご希望の方は、下記にご記入のうえ送信してください。納期はおよそ10日以内です。 (※文字化けする場合は、お手数ですが、info@koekisozo.co.jp宛にメールをお送りください。)

お問い合わせフォーム

*は必須項目です

*■お名前

■法人・団体名

*■お電話番号

*■メールアドレス

*■種別

お見積り依頼 ご質問 ご相談 その他

■ご希望の条件(※お見積り依頼の場合は、チェックしてください)

検温 マスクチェック アルコール検知 顔認証登録 顔認証専用ソフト(データ出力用) TCR-7(液晶7インチ) TCR-8(液晶8インチ) TCR-8(液晶8インチ)手首測定タイプ アルコール検知付き検温カメラTC-AL1 マルチサーマルカメラML-01 デスクスタンド 床用スタンド(110cm) 消毒用ディスペンサー(受け皿付)

■内容